FC2ブログ

イノセント・ラブ 第7話あらすじ  ~その1

第7話


~その1

お兄ちゃん・・人はどうして祈るのでしょう・・
時には祈りが聞き届けないってわかっていても・・・


佳音(堀北真希)と殉也(北川悠仁)は、信じられない光景を目にする。3年間植物状態が続き、数日前にも生死の境をさまよう危険な状態に陥ったばかりの聖花(内田有紀)が、自力でベッドから上半身を起こしていたのだ。聖花は、殉也に向かって手を伸ばすと、声にならない声で彼の名前を呼んだ・・・。殉也は、そんな聖花に駆け寄って彼女をしっかりと抱きしめた。

知らせを受けて聖花の診察をした主治医の東野(中原丈雄)は、聖花の脳機能に多少の障害が残っている可能性があることを殉也に伝えた。それに対して殉也は、「リハビリを頑張るから大丈夫」と明るい笑顔で答えた。その思いを感じた佳音も、「できる限り手伝いをする」と殉也に笑顔で申し出る・・・。

殉也は、昴(成宮寛貴)に電話して聖花のことを嬉しそうに報告する。昴も、驚きを隠せないようすだった。会いに来てと言う殉也の言葉に、「うん」と返事ができない昴・・・。



長くなるので次の記事に続きます   ~その2へ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://codeblue0807.blog87.fc2.com/tb.php/107-d8ddb527

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

2010年春ドラマのあらすじと感想(月の恋人・チーム・バチスタ2など)

オススメ情報

検索フォーム